Welcome to

ゴルフ大好きな独身50代のつぶやき

Home / 未分類 / アプローチショットを50代独身男が解説

アプローチショットを50代独身男が解説

ゴルフ初心者とベテランで最も大きな差が出るのがアプローチショットだと思います。例えばパー4のホールで2打目でグリーンを外しても、ベテランゴルファーはほぼワンパット圏内にアプローチショットを寄せてきます。一方ゴルフ初心者はアプローチショットでダフったり、トップしたりしてグリーン周りを行ったり来たりすることもあります。この差が、意外とスコアに大きな差として出てきます。
このためゴルフの練習はショートゲームから始めた方が上達が早いと言われています。実際、アマチュアのゴルフにおいてはドライバーの飛距離の差はスコアにはあまり影響しません。アプローチショットやパットの様な短い距離での一打一打の積み重ねがラウンド終わった後のスコアの大きな差となるのです。
アプローチショットの難しい所は、フルスウィングと違って力加減を微調整することだと思います。このため通常のスウィングが出来ず、ダフったり、トップしたりするのです。このアプローチショットの上達に効果的な練習方法があります。それが、スウィングをゆっくり行う練習方法です。例えば、トップが肩から肩までや、腰から腰までのスウィングにおいて、通常のショットの半分くらいのスピードでボールを打つ練習をするのです。簡単そう思いますが、実際にやってみると意外に難しいです。初めはダフったり、トプしたりの連続だと思います。
しかし、この練習を続けてゆっくりとしたスウィングでも確実にボールを捉えられるようになると、グリーン周りのアプローチショットでダフったり、トップすることが無くなります。さらにはスウィングスピードをコントロールできるようになるとアプローチショットでの距離感が安定してくるというメリットもあります。

これまではアプローチショットでダフったりトップしていたために、スウィングの強さと距離とのイメージがつかめていなかったものが、ゆっくりとしたスウィングでもボールを確実にとらえられるようなるとスウィングの強さと距離との関係が実感としてわかるようなります。こうなればスコアが一気に良くなります。一度お試し下さい。

To get the latest update of me and my works

>> <<